女性100人の声から生まれた葉酸サプリ・妊活はじめに

二分脊椎症は赤ちゃんにおこる病気です。妊活をはじめる前に知りたい3つのポイントとは?

 

AFC公式ページ
>>楽天ランキング1位★送料無料★女性向け葉酸サプリ♪

 

二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、どんな病気?

 

二分脊椎症は赤ちゃんにおこる病気です。

 

脊椎(せきつい)は背骨を構成する1つ1つの骨のことを言います。

 

背骨は頭に近いうえから

 

・7つの頸椎(けいつい)
・12個の胸椎(きょうつい)
・5つの腰椎(ようつい)
・5つの仙椎(せんつい)と
・ひとかたまりとなった仙骨(せんこつ)
・そして3〜5個の尾椎(びつい)

 

で構成されます。

 

二分脊椎症(にぶんせきついしょう)とは本来、赤ちゃんの脊椎(せきつい)の管の中にあるべき脊髄(せきずい)が脊椎の外に出て癒着(ゆちゃく)や損傷しているためにおこる神経障害の状態です。

 

主に仙椎、腰椎に発生します。発生部位から下の運動機能と知覚がマヒして内臓の機能にも多く影響を及ぼすと言われています。
まちがえるな!天然葉酸サプリでも過剰摂取で副作用はおこる!

 

 

二分脊椎症の原因は

 

赤ちゃんの二分脊椎症のもっとも重要な原因因子と考えられるのが葉酸不足です。

 

妊活はじめに、妊娠前から葉酸サプリメントを充分にとりいれると、赤ちゃんの二分脊椎症の発症リスクは70〜80%低減できるといわれています。
日本は厚生労働省も合成葉酸を推奨しています。

 

米国他では40数か国では穀類に葉酸の添加が義務化されて、添加後の発生率は50%前後減少した報告があります。

 

遺伝子因子については、妊娠前から葉酸サプリを摂取すると赤ちゃんの二分脊椎症の発生リスクが70〜80%低減できるとされていますが、
残りの20〜30%は遺伝子遺贈が関係していて予防が難しいといわれています。

 

環境因子については、糖尿病、肥満、てんかん薬の内服、妊娠前期の高熱発作、放射線被爆、ビタミンAの過剰摂取などが指摘されています。

 

赤ちゃんの二分脊椎症(にぶんせきついしょう)のリスクを減らすには葉酸サプリを摂取することで、リスクは妊活中から自分で減らすことができます。

 

 

二分脊椎症を知って妊活(妊娠前)から葉酸を摂取しよう

 

二分脊椎症の原因は特定されていませんが女性の妊娠前後の葉酸摂取が重要とされています。
二分脊椎症になった赤ちゃんは生まれてから48時間以内に治療を開始する必要があります。

 

葉酸は 妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月までの間(妊娠12週)までの摂取が望ましいとされています。

 

葉酸は普通に食事をした中にも入っているので、葉酸サプリメント(必要な栄養素がそろっている)を飲むと過剰摂取になる可能性があるので、注意が必要ですね。
元気な赤ちゃんの成長、妊娠してからはつわりを軽減してくれる役割もあるそうです。
葉酸が多くとれる食事は?妊活はじめに調べてみた!

 

 

葉酸サプリメントで1日あたり「400ug」の葉酸摂取が望ましいとされています。今は妊活はじめから、ビタミンなども配合された葉酸サプリが人気のようですね。
妊娠中に必要なビタミンについて調べた

 

 

AFC公式ページ
>>楽天ランキング1位★送料無料★女性向け葉酸サプリ♪